8Lit

スケボーのデッキテープを部分的に変えてみた。

4月に買ったスケボー。
デッキテープがコルクで出来ているんですが、オーリーの擦り上げの時、食いつきが悪い気がして、変えてみる事にしました。
(まぁ、本当の原因は実力不足なのですが)デッキテープ、全面変えようとすると、手間と、そこそこお金がかかるので、擦り上げで必要な部位のみ交換です。
紙やすりで代用し、木工ボンドで貼り付けると言う低予算プラン、デッキテープはだいたい¥800〜って感じですが、茶色のサンドペーパーは¥50程度と安価。
その分耐久性が低かったりしますが、その辺は、ヘビーユーズじゃないので度外視しています。
(通常デッキテープと呼ばれる物は、サンドペーパー的に言うと、“布やすり”に該当する、耐久性が高い物だと思われます。)

今回、使用状況的に、ノーズ側(先端)の左側しか擦り上げに使ってないので、その部分のみ、既存のデッキテープをカッターで切り、剥がして、張り替えると言う簡単な工程です。
ビスにかかる部分は、一旦ビスを外す必要があります。
さて、気になる使用感は・・・木工ボンドが乾くのに一日かかるので、また今度!笑ちなみに、これから梅雨本番なので、紙やすりに木工ボンドカスタムの場合、雨濡れでデッキテープが剥がれると思われるので、毎日持ち運ぶ人や、屋外保管の方は、濡れに強い素材をご使用ください。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


return to TOP ▲

Infomation

return to TOP ▲