8Lit

ベルト交換 Wenger 72806

普段メインで使用している、ミリタリーウォッチが電池切れで停止。

電池交換が済むまでの間、別の時計をする事に、とりあえず、CASIO G-SHOCKを使っていたんですが、ベゼルが朽ちて取れてしまい、かっこ悪いので、どうにかならんもんかと。

で、もう一台の腕時計、Wenger Field Classic、金属のベルトが付いていて、重い事もあり、スーツの時にしかつけないんですが、ベルト換えれば軽くなっていけるんじゃないかと。

ちょうど、ナイロンのベルト余ってるし、レッツトライ!これが原型、10年位前に嫁さまからもらった。

専用工具がなくて、今回はピンセットで挑戦。外すだけなら、いけますね、ピンセットで。両方外して、ばね棒をベルトから抜きます。NATOタイプのナイロンベルトだからか、ばね棒の装着は手(爪)で出来ちゃいました。

なので、結論としては、ピンセットで、ベルト交換できちゃう!

まぁ、専用工具はあった方が、簡単でリスクは少ないと思いますが。笑うん、雰囲気変わった。

軽いし。
明日からしばらくコレで過ごそう。

でも、ナイロンベルトの時計は、メインと被るから、近々、皮のベルトにでも変えよう。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


return to TOP ▲

Infomation

return to TOP ▲