8Lit

パパになる為の必須準備

忘れもしない、長男誕生の日、この日はいろんな事が重なって、振り返ればパニック続きの1日でしたが、最低限、絶対準備しておくべき2点390248_204452089631981_100002015755542_452294_2113515303_n1-1

■“近所の”タクシー会社の電話番号を控える

酔っ払って、寝てる時に急遽破水して、帝王切開の緊急手術!なんて事になると、パニックです。
タクシー会社への電話すらままなりません。

“近所のタクシー会社”にすぐ電話できるよう、絶対に携帯に登録しておきましょう!

僕は、その時に慌ててタクシー会社を検索し、隣の市にかけてしまい、さらに慌てふためく事となりました。

■必要書類に目印をつける

もはやパニック過ぎて周りが見えません。
「あの書類とって」と嫁さまに言われても、どの書類かわからない状態です。

『どんな書類?』と質問する事となり「そこの白いやつ(指差しのジェスチャー付きで)」と返ってきても『書類って大抵白じゃないか?』とか、どうでもいい事が気になり、事が進まなくなります。

付箋でも貼っておいて、1/10、2/10…みたいに、必要数の内の何番目かがわかると、パニック状態のでくの坊でも書類を揃えられるのではないでしょうか。

タクシー手配して、必要書類がすぐにそろえば、書類に目を通すなど、若干の余裕が生まれると思います。ちなみになぜ僕が酔っ払っていたかというと、出産が近いとはいえ、我が家の場合は逆子による帝王切開を予定していて、手術までは2週間と若干余裕があり、職場の送別会に参加してました。で1次会終わりで帰宅し、0時頃自宅到着~即就寝。

深夜2時くらいだったでしょうか「破水した!起きて!!」と。
最初、何のことか全くわかりませんでした。

んで、上記のパニック状態になりつつ「落ち着こう、とりあえず落ち着こう」とかつぶやきながら、部屋の中をグルグル歩き回るでくの坊ぶりを発揮していた次第。

酔って寝ぼけた上での緊急事態でしたが、出産は何が起こるかわからない!という事です。

早めに予定を組んだ帝王切開でも、緊急手術になることがあります。
直前の検診で「女の子」と言われていても、生まれてびっくり男の子だったりします。
で、出産の後帰宅すると、家が水浸しだったりします。
(出産の影響ではありませんでしたが)なので、時期に余裕があっても、最低限の準備はしておいた方がいいですよ。
低気圧が近づいている夜は特に予想外のことが起きがちです。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


return to TOP ▲

Infomation

return to TOP ▲